マイル交換でJALの国内線に乗った

特典でも特別扱いはない

JALJAL Facebook

マイレージクラブで航空券を目指す特典航空券の予約枠がある特典でも特別扱いはない

無事に予約できれば、後は当日に空港に行くだけです。
なお、特典航空券に関しては、多少の制限は設けられているものの、予約の変更をすることは可能です。
いわゆる早割の航空券は一旦予約して発券してしまえば変更ができないものがほとんどですが、特典航空券に関してはそうではありませんので、予約可能枠が残っている限りは別の便に変更することができます。
また、当然ながら搭乗当日に空港で搭乗予定の便よりも前に出発する同路線の便に空席がある場合、無手数料でその早い便に変更することも可能です。

JALにも圧倒的に仕事ができる先輩がいましたが、広告代理店のしょうもない友人の半分程度しか年収をもらっていないということがありました。

お金を求めるなら航空◯界はオススメしませんね…。 https://t.co/rgZQL96mjL

— あび太郎 (@avitarooo) 2018年10月16日
サービスに関しては基本的に特典航空券もお金を出して購入する航空券にも差はありません。
チェックインカウンターで預け入れることのできる手荷物の量や個数にも差はありません。
もちろん機内での飲み物その他のサービスも全く同じです。
もし空港ラウンジを利用できる資格を別に持っている場合は、航空券が特典航空券であったとしてもラウンジに入室することができます。
これはクレジットカード会社が運営しているラウンジであったとしても同じです。
特典航空券とその他の航空券とで区別されることはありません。